カフェと、パン屋と、夏まつり。

正社員

インターンシップ

株式会社大河内工務店の求人情報

 

「ランチに行こうか」

「無添加パンが売り切れる!」

そんなお客様がやってくる不思議な工務店がある。

三豊市の田んぼの真ん中に本社を構える大河内工務店。



創業60年以上の歴史を持ち、地元では、良質の素材を使った本物の家を手掛ける会社として
絶大な信頼を獲得している工務店だ。ただ、同社の特長は別のところにもある。

 
お客様を大切にする会社は多い。社員を大切にする会社も増えてきたように思う。
しかし、そこから一歩踏み込んで、お客様以外の人を本気で大切にしている会社は、
そうそうないだろう。そんな稀有な存在が大河内工務店なのだ。





人を喜ばすためになら、儲け度外視でカフェもパン屋もカルチャー教室もやる。
地元の子供が集まれる場所をつくろうとトランポリンを本社内に置いたこともある。
これは、夕方になっても帰らない子供が続出し、
トランポリンを地元の学校に寄付することとなったのだが、
このようなエピソードは同社においては枚挙にいとまがない。



言い添えておくが、同社は、多角化を目指す企業ではない。
あくまでも一般住宅を手掛ける工務店。
カフェやパン屋は、利益を見込んで運営しているわけではないし、
住宅販売の見込み客獲得のためですらない。


そこにあるのは「人が集う場をつくりたい」という想いだ。
その名も「街角リゾート倶楽部」。
10年前から「普段使いの非日常」をコンセプトに地域の人が集まれる時間と空間を提供している。



 
そんな同社を率いるのが社長の大河内孝さん。
伝説の棟梁と言われた父を持つ二代目だ。


 
 「私の父は、伝説の棟梁と言われた人物でした。
エリアの家を全部建てたと言われるほどの信頼を地域から得て、
『少々高いけど、それ以上に、いい家をつくる』
というブランドイメージを確立してくれた経営者でした。
そのイメージを壊さないように仕事を積み上げてきたのが私です」


 子どもの頃から、生活の中に家づくりがあふれていた大河内さん。
当時の自宅は、事務所にもなっていたという。

 
「お客さんが、毎日のように自宅に家づくりの相談に来るのですが、
打ち合わせがいつの間にか、お悩み相談に発展することはしょっちゅう。
夫婦げんかの仲裁までしていたと思います。
 
時は流れ、私の代になり事務所を構えました。
すると、人が来ないことが気になり始めたのです。
当然、工務店の本社には家を建てようと思っている人しか相談に来ません。
毎日来てくれる人は、いないわけです(笑)。


 

そこで、とにかく人が集まる空間を作ろうと思いました。
家を建てない人にも来て欲しい。小さい時から人が家に来るのが普通だったからかもしれませんが、
にぎわう雰囲気が大好きですし、人との触れ合い、縁を大切にしたいと思いました。
隣に誰が住んでいるか分からない時代になったからこそ、
商売よりも先に、にぎやかで楽しい空間をつくりたかったんです」




 
会社を公園のように使って欲しいという大河内さん。
カフェに来る人が家を建てる訳ではないという。




「カフェを作ったからと言って、本業のお客様が増えたわけではありません。
カフェには、チラシも置いていませんし、アンケートをお願いすることもありません。
もし、売り込みのような雰囲気があれば、お客様にも伝わってしまうのではないかと思います。
​だから、直接的に業績に影響を与えるということはありません。」



ただ、嬉しいこともたくさんあります。特に、社員が楽しんでくれていることが嬉しい。
私には、言われて嬉しい言葉があるんですが、それが
『お宅の社員さんは楽しそうやなぁ・・・』という言葉。
だからこそ、みんなで楽しめるよう夏祭りも本気でやります。前回は音楽フェスをやりました。
ひょっとして一番楽しんでいるのは私かもしれません」



しかし、楽しいだけでは、会社は存続できない。
肝心の業績が右肩下がりでは、笑顔も曇るだろう。率直に聞いてみた。

 
「業績は好調です。棟数も増加していますし、きちんと満足のいく家づくりができる金額を
お客様から頂戴しています。高品質の素材を使うことは当然ですが、
お客様の満足を支えているのは社員たちだと思っています。


 

彼らは、お客様とのコミュニケーションを何より重視し、
回数多くお客様と触れ合い、細かいニーズを救い上げられるように心を砕いてくれています。
効率よく数をこなしていく仕事はしませんので、評価は、実績とお客様の満足度の両輪で行います。
アフターフォローも評価します。契約数や粗利だけで、社員を評価することはありません。
その結果、ここ数年、案件は増加しています。社員が成長してくれたからです。
ありがたく思っています」



好調な業績を受けて、2017年11月に高松へ出店する同社。
そこには、社員への想いも込められている。

「働く人にとって、自分が勤める会社が大きくなっていかないと
モチベーションが上がらないと思ったんです。
上が詰まっている状態ではダメでしょう。成長を社員に見せ、活躍の場を広げて、
課長・部長・役員への道をつくる。席を作らないと楽しみがありませんよね。




 
業界全体を見れば、住宅業界は、ダウントレンドかもしれません。
でも、ゼロにはならない。どこが選ばれるかの問題です。
最近では、リノベーション案件も増加しており、不安はありません。
大工さんの腕にも自信がありますよ。




全員が当社の専属大工さんですが、一番長い方では40年のお付き合いになります。
一度、他社に行って戻ってきた方もいますし、親子2代で働いてくれている大工さんもいます。
ゆくゆくは社員大工を採用し、育てることも必要だと考えています。」



大工さんもお客さんも集まる会社と、集まらない会社の二極化が進む今、
そのいずれからも、選ばれている同社の魅力は、本物だ。



 

将来は、自分で工務店を立ち上げたい。


 
祖父が大工さんだという木浦さんは2011年4月の入社。
小さい頃から住宅に携わる仕事を見てきたため、木の家をつくる仕事に就きたいと考えていたという。
建築の専門学校を卒業後、同社へ入社した。



「愛媛県出身ながら、祖父が大工だったので、
知人からの紹介をきっかけに大河内工務店に出会いました。
もともと木造住宅を手掛ける仕事に就きたいと思っていましたので、
無垢の木を使ったこだわりの家づくりをしている当社はとても魅力的でした。
面接で話をするうちに、そこで働く社員さんの笑顔にも目が留まりました。
仲がよさそうな様子で、入社を決めるまでに時間はかかりませんでした。」

 入社する前に、夏祭りやチャリティイベントの手伝いもしていたという木浦さん。
その時の様子も印象的だったという。



「もともと、地域貢献を意識した取り組みをたくさんしている会社だとは聞いていました。
しかし、実際に地域の人が大勢集まる様は壮観で、
これだけの人に好かれている会社なら安心だと思いましたね。
入社後も、その印象は間違っていなかったと確信しています。
 
現在は、営業設計兼現場監督をしています。
モデルルームや完成見学会に来られたお客様の
最初のお打合せから引き渡しまでをトータルで担当します。
入社後は、ずっと現場監督をしていましたが、5年目から営業設計もするようになりました。


 

目標は、自分自身で工務店を立ち上げることです。
大河内工務店で手掛けているような家が作れたらいいと思います。
その点、当社は、入社して1年でも責任のある仕事を任せてもらえるから、成長は早いです。
通常なら3年かかる技術を1年半で身に着けられるでしょう。
自分の工務店を立ち上げるのは、ずっと先の話になりますが、
着実に成長できていると感じています。」




同社は、入社した社員に将来の方向性を尋ねる。
経営者になりたいという者には、全てを経験させるという。
木浦さんは、まさにそんな人物。
工務店の仕事に必要なことを学んでいる最中だ。



「当社の家は、自然素材の柱を使い、構造的に肝心な箇所で、無垢材を使用しています。
工期も比較的長めなのでお客様とのコミュニケーションが喜びでもあり、大変なところでもあります。
単なる技術者としてだけ仕事をしていたら、この喜びは感じられなかったと思います。
家を建ててからが本当のお付き合いの始まりだと肌で感じています。
もちろん、大変な面もありますが、やっぱり、お客様に喜んでいただいたり、
頼りにされたりしたら、うれしいんですよ。」



誰に紹介しても恥ずかしくない会社。誰に勧めても間違いのない家。
自分の会社や扱う家のことをそう断言する木浦さんの表情は、自信に満ちている。




 

オフィスっぽくない本社に、一目ぼれ。


 
2015年4月入社の長安さんは、岡山県出身。
大学時代、生活学を専攻し、住居系の勉強をしたことを機に建築業界に興味を持った。
就活時には、大手ハウスメーカーではなく、小規模な工務店を中心に受験。
手掛けるなら、ビルではなく、木造で木の香りのする家と考えていたという。
自分が住んで気持ち良い家を手掛けることができたらと思っていた時、大河内工務店と出会った。



「説明会で初めて会社を訪れた時、こんな居心地の良い空間があるんだと感じました。
本社である大工館が、全くオフィスっぽくない!一目で気に入りました。

もちろん、仕事内容にも惹かれました。設計を学んでいないのに、『やってみたい』
という気持ちだけで設計職を希望したのですが、すんなり認められ、
『図面を書く前に現場を知ってから、やりたい方向に進んだらいい』と言われました」

 
そんな長安さんの現在の仕事はコーディネーター。
設計の方が契約したお客様との打ち合わせが中心だ。



 

「間取り以外、外壁、屋根の色、棚、電気の位置、壁紙の色など色付け部分を担当しています。
完全オーダーメイドなので、ゼロからのお打ち合わせになります。



一番楽しいことは、お客様と打ち合わせし、
図面上で決めたことが実際の立体になっていく様子を見ることです。
約束通り、現場を訪れ、大工さんと話して、どういう収まりにするかなどを決めたりもしています。
正直、現場は面白いです。



会社や仕事の好きなところは、人につきます。
みんな話しやすいですし、柔らかい雰囲気が温かいです。
ちょっと聞いたら色々と教えてくれる人ばかりなので、新しいことに挑戦する際にも、
背中を押される思いです。職人さんも話しやすい人が多いですね。
入社して、本当に人間関係が広がりました。将来のことは、まだ分かりませんが、
今は目の前の仕事が楽しくて仕方がありません」





居心地の良い木の家を、温かい仲間と丁寧に作り上げる。
地元とのつながりを感じながら、人の縁を大切にする。
自分の将来を見据え、挑戦を続けていく。


働く人一人ひとりが、自分なりの想いを持ち、笑顔で働く同社。
ドアはいつでも空いている。気になる人は、訪ねてみてはいかがだろうか。


Data 2017.01.06

株式会社大河内工務店 の会社情報

企業名株式会社大河内工務店
経営理念私たちは、“日本一、気持ち良い工務店”を目指します!

一、 大河内工務店は、伝説の棟梁の技と心を受け継ぎ、お客様の幸せづくりのお手伝いをさせて頂くことを使命とします。
一、 私たちは、お客様の心の声に耳を傾け、身近な親戚のように手間を惜しまず、期待以上の住まいづくりを提供することをお約束します。
一、 私たちは、地域の皆様の幸せと子供たちの未来を考え、「日本一気持ち良い工務店!」を目指します。
所在地〒768-0101
香川県三豊市山本町辻604番地
業務内容道行く人が思わず「見せてください!」
と言ってしまうような家づくりを目指しています。
時代が流れても美しく自然に溶け込む家、それが大河内スタイルです。

■新築注文住宅建設
■リノベーション工事
■リフォーム工事

電話番号0875-63-4920
FAX0875-63-4355
ホームページhttp://www.okochi.co.jp/style/index.html
設立1953年10月
従業員数10名
代表者代表取締役 一級建築士 大河内 孝
資本金1000万円
売上高8億5000万円(2015年度)

株式会社大河内工務店 の求人情報

応募職種家づくりアドバイザー、設計プランナー、現場監督、インテリアコーディネーター、事務
雇用形態正社員・インターンシップ
仕事内容【家づくりアドバイザー】

完成見学会などに訪れたお客様とお話するところからスタートする営業職です。
当社では、案件が豊富にあったため、営業職がいませんでした。
しかし、案件が増加したことで、設計プランナーと営業をこなす社員の負担が増加。
彼らの負担を減らすと同時に、お客様との距離を一層近づけるために
営業を担当していただく家づくりアドバイザーを採用することにしました。

「家を売る」というよりは、お客様のご要望をお聞きし、カタチにしていく仕事です。
当社では、棟上げなどの節目が施主さんにとっての思い出になるよう、
様々なしかけを考えていますので、それらを考えて頂くことも大切な仕事です。

【設計プランナー】
お客様のご要望を具体化し、図面化し、形にしていく仕事です。
デザイン性、機能性、快適さを兼ね備えた理想の住まいを設計してください。

【現場監督】
建設現場における安全・工程・品質・予算の全てを管理します。
材料の手配、職人の手配、スケジュールの管理、お客様や業者とのお打合せなど
建築物の着工~竣工までをトータルで管理する司令塔としてご活躍いただきます。

【コーディネーター】
室内のしつらえやインテリアなどを中心に、
お客様が望む生活空間を実現していく相談役です。

【事務】
社内における間接部門の要として、総務・経理などの分野で活躍していただきます。
給与月給 短大・専門卒 17万6000円 大卒 19万0000円
勤務地本社(三豊市)、高松支店(2017年秋開設予定)
勤務時間9:00~18:00
福利厚生各種社会保険、定期健康診断、社員旅行、月一回ディナー
休日週休2日制、年末年始、夏期、慶弔、有給、パパ休暇、キッズ看護休暇
応募資格短大・専門卒以上 ★2018卒新卒者歓迎します★
文系・理系は不問です。
採用予定人数1~5名
選考プロセス★『この求人に応募する』よりご応募ください。こちらから詳細をご連絡いたします。併せて新卒の方は説明会のご案内を差し上げます。中途の方は、履歴書および職務経歴書をお送りいただくことになります。★ご不明な点は下記まで遠慮なくお問合せください。
担当者・連絡先0120-63-4920 担当:採用担当
こんな方待ってます下記の中で一つでも「自分に当てはまる!」と思った方、
あなたが当社の求める人物です。

・当社の考え方に共感してくれる方。
・向上心を持って、色々なことに挑戦できる方。
・多能な人材になりたいと思っている方。
・いろんな趣味を持っている方。
・イベントの企画をやってみたい方。
・人に楽しんでもらうことが好きな方。
・誠実で気持ちの良い対応が出来る方。
などなど。

これ以外にも「私には、こんないいところがあります!」
という人はぜひお越しください!
備考あなたは、どんな人材に成長したいですか?
もし、「これだけを極めたい」と思う気持ちが強いなら、
当社とは相性が悪いかもしれません。

大河内工務店は、あらゆる仕事を
マルチにこなせる人材を育てる会社です。

私たちが育てたい人材は、
「現代の棟梁」と言えるようなマルチの能力を保有した人材です。
そのため現場監督だけでなく設計やお客様対応、
コーディネーターだけでなく設計やお客様対応、
事務だけでなく広報などあらゆる職種を経験し、
環境に適応できる「強くて優しい」人材を育てています。

チャンスは、豊富にありますし、失敗をとがめたりはしません。
楽しんで挑戦できる環境も用意します。
将来、独立したい人だって歓迎です。
「成長したい」という想いをお持ちの方、お待ちしています。

この求人に応募する

ホームページはこちら

株式会社大河内工務店 のアクセスMap