老舗ホテルを再生し、新店舗を立ち上げる。

正社員

パート・アルバイト

株式会社創裕(宿泊・飲食)の求人情報

 
 

あなたは、どんな働き方がしっくりくるだろうか。
 
人と接することが好き。日々、目の前のお客様を笑顔にする仕事をする。
専門職として経験を積み、将来、独立を視野に入れて働く。
様々な部門を経験し、ゼネラリストとして会社の幹部に成長していく。
 とりあえず、ひとつを試してみて、ダメなら他方にチャレンジしてみる。
 
いずれもが魅力的だ。そして、創裕なら全て実現可能だ。

 
今回募集する部門は4つ。それぞれについて、2つの原稿で詳しく説明していく。
そのうち、ホテル・宿泊・飲食部門について、説明したのがこの原稿となる。

 
そもそも創裕とは、どんな会社なのだろうか。
おそらく「ぽかぽか温泉」という名前の方が有名だろう。



創裕の事業テーマは、「ゆとりある生活の創造」。

事業の核となるのは、人々の癒しの場であると同時に地域の新しいコミュニティの場となる温浴施設の展開である。
県内に先駆けて手掛けた「ぽかぽか温泉」はお客様から絶大な支持を獲得し、短期間での多店舗化を実現。
西日本・東海エリアにまで拡大している。

 
さらに、指定管理業者として、また再生事業として経営を受け継いだ施設も多く手掛けている。
ベッセルおおちの湯や白鳥温泉などの県内施設はもちろん、九州にも、そのエリアを拡大。
この原稿で紹介する三本松ロイヤルホテルもその一つだ。



 
さらに、「お客様のために手作りの味を」というコンセプトで小さなキッチン・レストランを併設し、
そのノウハウを基に飲食事業をスタートさせている。この原稿に出てくる「
瀬戸内  海のもん  とといち」は、
その最新の店舗となる。






 
その他にも、ボディケア事業や温泉掘削事業にも進出。
現在では、温浴施設に関するコンサルティングも行っている。

 
当然のごとく、売上も伸び、会社の勢いは止まらない。
それを裏付けるように、社員が手掛ける仕事の幅も拡大。
社内には活気があふれており、若手社員が大勢活躍している。
活躍の場は多彩であり、自分らしく働ける選択肢が多い会社なのだ。

 
そんな同社を率いる社長の川北哲さんにお話を伺った。



 
「現在、温浴施設・ホテル・宿泊施設は、ぽかぽか温泉をはじめとする直営店が12か所、
指定管理者として携わるのが9か所、運営受託が2か所あります。
飲食店舗については、ぽかぽか温泉のレストランコーナーの他に
「食酒処 徳楽」や「WAFU DINING STYLE なんなり。」を展開しており、
2016年3月に「瀬戸内  海のもん  とといち」を新規オープンしました。

 
当社は、「ほんとうのゆとりとは何か」をとことん追求して、成長してきた企業です。
その歩みは小さな積み重ねに他なりませんし、『成長の秘訣は?』と問われれば、
愚直なまでの基本の徹底なのかもしれません。



 当社は、再生事業を手掛けていますが、これも、少しずつ積み上げてきた実績を見込まれ、
お声がかかっている状態です。まさに今、第二の創業期を迎えており、
そのためにも人材を広く募集しているところです」。

 
2015年12月にオープンした「三本松ロイヤルホテル。

閉館の危機を迎えていた老舗ホテルを直営店として運営することとなった経緯は、創裕の社風を物語っている。

 
「三本松ロイヤルホテルは、営業不振から15年11月に閉鎖が決まっていたホテルでした。
しかし、東かがわ市・さぬき市としては、地元で唯一の拠点。何とか後継の運営業者を探しており、
当社に白羽の矢が立ったわけです。



 
当初、お断りしていたのですが、市長をはじめ、経済団体らから強い要望がありました。
最終的には、東かがわ市や9つの経済団体から強く要望を受け、
『今日まで地元に大変お世話になっているにもかかわらず、断り続けていいのか』
と悩んだ末、企業の社会貢献として、取り組む決意をしたのです」。


​周囲からの期待を背負った新事業を成功させるために必要なこと。
​それが人材獲得だ。
常務の川北祐一郎さんは、働く人にとっての創裕の魅力をこう表現する。

「当社は、現在も『いやし』をテーマに様々な事業を展開している企業ですが、
​それを実現するために、新たな事業を展開してもよいと考えています。
​ゆえに、色々なことができ、成長した組織で重要な役割を果たすこともできます。」

​採用担当の黒川さんも思いは同じだ。

​「色々な仕事や、職場を経験できる会社であることは、とても魅力的だと思います。
新卒・中途・大卒・高卒を問わず、
色々な立場の人が自分の力を発揮できる居場所を見つけることができるでしょう。

​私自身は、大卒の中途入社組ですし、
もう一人の採用担当である伊勢は、専門学校卒の新卒者です。」

 

​社員一人ひとりが、自分らしく輝ける場所を見つけ、いきいきと働く。
​ここからは、そんな創裕の人と仕事を紹介していきたい。

 

 

 
 
 
エリア唯一の都市型ホテルとして。



 
新たなスタートを切った同ホテルの指揮をとるのは支配人の石原さん。
これまでベッセルおおちの湯、白鳥温泉などの再生事業に携わってきた手腕を見込まれた人物だ。



 「三本松ロイヤルホテルは、東かがわ市・さぬき市唯一の都市型ホテルです。
ゆえに、規模の大きいパーティや式典などが行われる施設として利用されています。
洋食・和食のシェフがおり、お客様を迎える際に欠かせない存在といえるでしょう。



既存の社員をそのまま雇用するカタチで創裕が事業を受け継いだため、私が飛び込んだカタチとなりました。
まずは、内部の協力体制を構築し、社員のモチベーションアップに注力しました。
 
心強かったのは、本部の社員が総出で協力してくれたこと。
再生させるということは、これまでと同じでは失敗するということです。
お客様の不都合が何であるか、満足を積み重ねてリピーターになっていただく仕掛けを考えなければなりません。




正直、不安もありましたが、社長や常務をはじめ、本部の社員が万全のバックアップをしてくれました。
ここを成功させることは、大きな意味を持っています。
ここ次第で今後の会社の方向性も変わってくる。そんな思いで仕事をしています。
働く人の立場になれば、新しい基準を自分たちで作っていけることには、
大きな喜びがあると思いますし、成長も早いと思います。」




 エリアを代表するおもてなしの場である同ホテルには、社会的立場の高い人が集まる。
同時に地域に暮らす人々の『特別な日』を演出する機会も多い。ゆえに、一流の接客が身に付くのだろう。




 
「ここで働けば、相手に合わせた対応ができる人材に成長できると思います。
そして、何より、社運をかけた新事業を担う面白さは、他では味わえないかもしれません。
自分の意見で会社が変わったり、現場が良くなったりする経験は、
あなた自身のキャリアでかけがえのないものになります。






 今、募集しているのは、フロント、ベットメイク、調理補助など、様々な職種です。
正社員もパートも求めています。
 
創裕という会社は、会社は家族同然といえると思います。
ゆえに、家族を大事にできない人はうまくいかないかもしれません。
サービス業ゆえに土日が勤務ではありますが、子供さんの学校行事などに参加できるように、配慮をしています。」





 
人と関わることが好きなら、地元で接客業をしたいなら最適な環境がここにある。





 
 
 
地域に根付く店であれ。



 
3月にオープンした「
瀬戸内  海のもん  とといち」でお話を伺ったのは、
飲食部門全体の指揮を執る飲食事業部長の北村さん。
料理人としてだけではなく、ベッセルおおちの湯の支配人も務めたゼネラリストだ。



 
「『とといち』は、地域に根付き、地域の食材を使うことを大切にしている店舗です。
これは、当社が手掛けるすべての店舗に共通していることかもしれません。






現在、当社の飲食部門では、約30名が活躍していますが、
若い社員が中心となり、店を盛り上げてくれています。






 
飲食部門の社員は、温浴施設におけるレストランもありますので、様々な可能性を感じられると思います。
いうなれば、職場における向き、不向きに対応できるんです。

また、社内で2年間勤務したら、調理師の免許を取得することもできます。
パーティ料理や、バイキング料理など、幅広い領域に対応ができるでしょう」。






 
 
 
接客のやりがいは、お客様に褒められること。




『接客が好き』で入社してきて、褒められたり、色々と成功経験を積み、
店長になったり、独立したりする社員が多い創裕。
もちろん、専門職として、技を磨く生き方もできる。働く環境整備にも積極的だ。


「飲食業として、勤務時間が長くなりすぎないような工夫もしています。
定休日の確保や店舗によっては、ランチタイムは営業しないなどの対応をしています。
また、魚の仕込みに関しても、魚の処理専門の社員の方を雇い、社員の負担を軽減しています。




また、アルバイトで入った方が正社員になれる制度も確立しています。
当社の働く全ての人が、喜びや目標を持って、日々を過ごせるよう、会社として体制を整えていくつもりです。

また、社長が一人ひとりをよく見ている会社だと思います。
見ているからこそ、仕事がやりやすいし、提案も通るんでしょう。」



まさに、誠実で、社員と真正面から向かい合う懐の深い会社。
そんな印象を与える創裕で、自分の可能性を試してみてはどうだろうか。
 
 
 
 
 

Data 2016.04.21

株式会社創裕(宿泊・飲食) の会社情報

企業名株式会社創裕(宿泊・飲食)
経営理念ゆとりある生活の創造
(存在意義) 豊かな明日のための生活産業
(経営姿勢) お客さま第一主義とする
(行動規範) 原理原則を基準とする
所在地〒760-0064
香川県高松市朝日新町17-15
業務内容温浴施設・ホテル・宿泊施設の運営及びコンサルティング業
民間企業・自治体の温泉・宿泊施設の再生事業
外食事業(飲食店の経営)
ボディケア事業(ボディケア及び鍼灸施術所の経営)
地下水開発事業(温泉ボーリング、浅井戸・深井戸の掘削、地下水処理システム)
電話番号087-811-0033
FAX087-811-1033
ホームページhttp://www.souyu.co.jp/
設立平成5年12月3日
従業員数591人 (正社員146人、契約社員12名、準社員119名、パート314名)※平成28年4月1日現在
代表者代表取締役社長 川北 哲
資本金4,200万円

株式会社創裕(宿泊・飲食) の求人情報

応募職種サービススタッフ、調理師
雇用形態正社員・パート・アルバイト
仕事内容■総合職
 フロント・予約・レストランサービス・フロアサービスなど
■調理師(和食・洋食など) 

※経験者は優遇します。未経験者も歓迎します。必要なことは全てお教えしますので、安心してください。
給与【大卒】185,000円(諸手当含む)【短大専各卒】170,000円(諸手当含む)
勤務地各店舗(本人の希望を考慮します)
勤務時間AM6:00~AM1:00交替制(温浴部門) その他部門により異なります。
福利厚生通勤、早朝深夜、メンテナンス、管理手当等
社会保険完備

※創裕が手掛ける温泉施設はすべて、無料でお使いいただけます。
休日年間92日、その他会社指定日(部署により多少変動あり)、慶弔休暇、有給休暇
応募資格高卒以上 ※未経験者歓迎したします。
選考プロセスまずはエントリーフォームよりエントリーしてください。追って選考の情報をお知らせいたします。
担当者・連絡先087-811-0033 担当:連絡先 総務部/稲井
こんな方待ってます人と関わることが好きなら、知識や経験は一切問いません。
人を喜ばせたり、いやしたりすることに喜びを感じてくれる人なら大歓迎です。
備考社員は皆家族だと思っています。
サービス業ゆえに、土日が休みというわけにはいきませんが、家庭等の事情を考慮し、休日に関して配慮します。ご相談くださいませ。

この求人に応募する

ホームページはこちら

株式会社創裕(宿泊・飲食) のアクセスMap