地域を見守るカンパニー




「防犯カメラ」や「警報装置」と聞いてどんなイメージを抱くだろうか?

万引きの人口比の認知件数が7年連続全国ワーストという
不名誉な記録を持つ香川県において、ネガティブなイメージを持つ方も多いかもしれない。
 

しかし、「見つけて告発する」ための監視装置を広めるのではなく、
犯罪を生まない社会を作ろうと真剣に取り組んでいる企業がある。

それが高松市のエーワンセキュリティサービスだ。
企業理念は「想いやりあふれる社会の創造」


 


社長の有吉徳洋さんは、防犯講演会など地域における草の根活動に力を入れる人物。




防犯業界の最高峰の資格である「総合防犯設備士」を
四国で1番に取得した専門家であり、
犯罪心理学の専門家と犯罪を生まない環境づくりの整備に一役買っている。


「岡山生まれの岡山育ちで、大学時代、アルバイト先で出会った社長に勧められ、
セキュリティの仕事を手掛けるようになりました。
 
ご近所や身内のトラブルで夜も眠れない程悩んでいる人もいます。
その解決をお手伝いし、相手の役に立つ喜びを知りました。

10年間の会社勤めを経て独立しましたが、
香川の営業所を任されたことがきっかけとなり、香川で会社を立ち上げたんです」

 


提携先となる『セキュリティハウス・ネットワーク』は、
北は北海道から南は沖縄まで、日本全国に134社(平成27年5月現在)の加盟企業を持つ、
防犯・防災・防御システム専門企業の全国組織。

『防犯のプロフェッショナル』であることにこだわり続け、
ネットワーク全体の総合防犯設備士の有資格者数は業界No.1を誇っている。

その香川エリアを任されているのがエーワンセキュリティサービスである。


 


「この仕事は、単に設備を付けるだけのものではありません。
困りごとの解決をお手伝いし、問題が起こるのを防ぐのが私たちの仕事です。
 
個人だけではありません。企業や施設にも困りごとはたくさんあります。
例えば高齢者の介護施設なら、夜中の入居者の徘徊に悩んでおられたりします」


 



最近では、管理面での困り事に対応する案件も増えてきている。
太陽光発電所などの遠隔監視システムのニーズが増えているのだ。
 
 
 

 
 
「太陽光発電の施設は、事業者がいる場所と設備の設置場所が離れていることが多いため、
現場の状況を把握するのが大変なんです。
 
雑草の状態や子どもや動物の侵入も気になりますし、
土砂災害、ゲリラ豪雨時の対応など、様々なニーズがあります。






飲食店など店内の様子を確認できるシステムも多くなりました。

『カメラ=監視』というイメージが持たれがちですが、
当社のシステムは、働く人を監視し、評価するための道具ではありません。
働く人を見守り、評価するためのシステムです。
 
 
飲食店などでは人員が不足し、管理者の目が行き届かず、
スタッフが困っていることに気づけないケースもあります。
 
そんな時、離れた場所にいるスタッフがリアルタイムで確認できるから、
フォローの対応をとることができる。
 
そして、良い動きをしてくれている場合などには、
『最近入社したアルバイトの◯◯君、頑張ってくれていたね。あの時の動きが良かったね』
などと褒めたりすることもできる。
良いコミュニケーションが生まれています」

 


現在、エーワンセキュリティサービスの顧客数は香川県を中心に500件を超え、
手掛けた現場は1000以上。売上も年々増加している。






 



「売上=信頼の数」がモットー。


 
 
今回募集する職種は営業だが、売り込まないのが同社の営業スタイルだ。
 
「現在、顧客の拡大に体制がついていっていないため、既存顧客のサポートを担当してもらいます。
得意先に出向き「調子はどうですか?」と状況を確認していく仕事ですね。


商品の話よりも世間話が中心かもしれません。


受注のほとんどが紹介によるもので『売上=信頼の数』だと思っています。
ちょうど機械のリニューアルのタイミングですからニーズを拾っていければと考えています。


 
社員教育には、力を入れますので営業未経験でも全く問題ありません。
 
 

基本的に営業車で動いてもらいますが、
最初の1カ月は、当社の理念を理解してもらうためにも、私と一緒に行動してもらいます。




その後2カ月間、工事職のスタッフの元で研修を受けます。
基本的に難しい工事はありません。
私自身も文系出身ですし、すぐに対応できるようになります。
その後さらに1カ月をかけて営業サポートの業務を学んでいただき、
その後、初めて同行営業に出かけるイメージです」

 


 





 
 
ぽろっと、タメ口。

 
 
ハローワークの求人票をきっかけに入社した堺谷さん。




入社から約1年。職場の居心地の良さを人間関係の良さのおかげだと語る。

同社のスタッフは、技術者が2名、女性スタッフが2名と社長。
全員が自由に物を言い合う関係だ。




 
 

「とにかく社長との距離が近い。そして話しやすい。
私の場合、入社初日から、みんなの会話に自然と入っていけました。
思わず、会話中にタメ口が出てしまったこともあります。
今は、『新人さんが入ってくれたらこうしよう・・・』という意見を交換していますし、
プライベートな悩みを相談することもあります。
社長は、社員の生き方について、一緒に考えてくれる人です」
 


共に働きたい人は、素直で謙虚な人だと言う。
 


「『自分はこうでなければいけない』とこだわり過ぎる人は、当社では働きにくいかもしれません。
相手がどんな考え方を持っているか考えようとする人、たとえ、自分と違う意見に出会っても
『あぁ、こういう考え方、生き方もあったか』と受け入れられる人の方がうまくいくでしょう」






 
 


事務所前は公園。



そこで遊ぶ子どもたちのために、駐車場に子供向けの遊具が置いてある。







一歩、中に足を踏み入れると、壁一面に絵本がずらり。
子どもたちがいつでも立ち寄れる場所になればという思いからだ。







地域に生きる企業として、自分にできる地域貢献を実行している社長の愛称は「くまモン」


ここで一緒に頑張っていこうと言う気持ちを持つ若い人を求めている。




 

Data 2016.08.09

有限会社エーワンセキュリティサービス の会社情報

企業名有限会社エーワンセキュリティサービス
経営理念「喜びと感動をあなたに」

 理想の社員像

 いつも笑顔で仲間を想いやり、周囲に良い影響をあたえる人
所在地〒761-8071
香川県高松市伏石町2157-5
業務内容防犯システム設計、施工、保守
電話番号087-815-3917
FAX087-815-3918
ホームページhttp://www.patokasa.com/
設立平成15年
従業員数4人
代表者代表取締役 有吉徳洋
資本金300万円
売上高7,500万円(2015年5月期)※来期は9,000万円を見込んでいます。

ホームページはこちら

有限会社エーワンセキュリティサービス のアクセスMap